チャンスというのは日常生活に

友達が欲しいけど、社会人になってしまうと、学生の頃のように友達になれるような人と出会いう機会がない、という人がたくさんいます。
確かに、学生の頃はクラスメート=友達という感覚ですぐに仲良くなれましたが、職場ではあくまで「仕事のための同僚」という感覚が先に来ますし、年代も様々ですから、中々友達と呼べるような人間関係を作りづらい……はあるでしょう。

そんな社会人でも、考え方を少し変えれば、実は友達を作る方法はいくつもあるのです。

まずは前述の職場での同僚、または仕事上で付き合いのある人の中から友人になれる人を探す場合。
ねらい目は、やはり同年代の人です。年齢があまり上だったり下だったりすると、友人という対等な関係は中々築きづらいものです。
親しくなるきっかけを作るには、仕事の休憩時間中などがいいでしょう。仕事の話題だけでなく、プライベートの趣味などについてもいろいろ話すことができれば、友人としての関係を作るのもそれほど難しくありません。

やはり、こうした「仕事を共にしている」友人がいると、実際のところ何かと助けになりますし、同僚なら休日や出退社の時間などが同じ場合も多いですから、仕事外に一緒に遊ぶにしても時間を合わせやすいですね。
また、違う職種で働く時間や生活している時間が異なる相手でも、どこかで会話する時間さえ合わせることができれば、十分に友達になれる可能性はあります。

職場に限らず、実は友達ができるチャンスというのは日常生活の様々なところに転がっているものです。
たとえば、ご近所づきあいなどもそうですね。都市部ではご近所づきあいも疎遠になりがちな現代ですが、近所で行われている行事や町内会の活動などに積極的に参加してみると、その中に同世代の人がいて、親しくなったということもよくあります。
また、スポーツクラブなどを利用してみるのもいい方法でしょう。通っているうちに、親しく話す人ができる可能性は十分にあります。
要は、仕事でも地域活動でも趣味でも、どこかに相手との接点があれば、チャンスは十分にあるのです。
あとは無駄に身構えずに、気軽に相手に話しかけられるかどうかですね。

人との出会いの機会がなくて、ネットにそれを求める人も多いですが、ネット越しではなく、直接相手と会って付き合う友人関係というのは、やはり楽しいものです。
もちろん、ネットも出会いのきっかけとしてはとても有効な手段ですから、ネットもリアルも含めて、いい出会いを探していけたらいいですね。

More from my site

  • 2ショットチャット機能2ショットチャット機能 「2ショットチャット機能」というものをご存知ですか。 これはその名の通り、1対1、つまり自分と相手の二人だけで行なえるチャット機能です。 チャット機能なので、もちろん返信が来 […]
  • ヤレルアプリで既婚女性をターゲットにヤレルアプリで既婚女性をターゲットに ヤレルアプリなどで既婚女性をターゲットに絞ってプロフィールを記入する場合は、ある程度、自分のタイプを書き込むことがポイントだと言えます。 仮に相手がプロフィールに興味を示しても […]
  • 彼と別れて2ヶ月彼と別れて2ヶ月 彼と別れて2ヶ月がたちました。別れた直後は悲しかったし、何もする気もしませんでしたがもう2ヶ月もたってしまうと、不思議となんとも思わなくなってしまいました。そんな時に彼から連絡が […]
  • 関係を終わらせてしまうのはもったいない関係を終わらせてしまうのはもったいない なぜ相手の態度が変わってしまったのか。その原因が発覚した。その原因は全てあなたが悪い、という自体になってしまった想定してみて下さい。 このとき、あなたは次にどういう行動へと […]
  • 態度は見られてる態度は見られてる 彼の前では「イイコ」でいるけれど、女同士だと態度がまるで違う・・・そんな人っていませんか?(笑) そんな女性を揶揄する人もいますが、私は見ていて実に面白いと失礼ながら思って […]
  • 女性をリードしてあげましょう女性をリードしてあげましょう メールで知り合い、メールのみで交流しているわけですから、そのやり取りは会う直前まで続くでしょう。 では、出会いの約束など、会う直前はどんなメールをすればいいのか。 考えると、 […]