本当に修復が不可能かどうか

出会いがあれば、別れもあります。付き合っていて終わりが近づいてくるとその兆しがなんとなく分かりますよね。
そして、別れの原因があなたの方に非があったとします。
「もうどうせ今更修復できるわけじゃないし、面倒な事は極力避けたい」と思うかもしれませんが、少し待って下さい。
本当に修復が不可能かどうか検討して下さい。そして、自分の欠点が治せるのならこのチャンスに出来る限り治してしまいましょう。
もちろん、欠点が分かってもそれを治すのはそう簡単な事ではありません。

しかし、その欠点を今治さなければ、次の出会いも、もしかしたらその次の次の出会いもあなたのその欠点が理由で
別れてしまう可能性があるからです。もう修復が不可能だったとしても欠点を治すためのレッスンだと思って下さい。
なかなか恋人以外であなたの欠点を指摘し、治す事に協力してくれる関係を他で見つけるのは難しいでしょう。
この別れを無駄にしないように、ノウハウを構築しスキルアップに励んでください。

一度経験しておけば次はもっとスムーズに上手く対応できるはずです。
そうすれば結果も自ずと変わってきます。
今回は別れてしまい、修復が不可能だったとしても、次は別れの兆しの段階で欠点を克服し修復が可能になるかもしれないですよね、
別れる恋人を自分のために利用するなんて・・・・・と思うかもしれませんが、その恋人との出会いにもお金も時間もかかっているはずです。
この出会いで何も得る事が出来なかったのではお金も時間も全て無駄だった事になってしまいます。
せめて、次失敗をしないためのスキルアップにつながったと思いたいですよね。

もちろん、スキルアップといっても、別れの原因は自分に非があるわけですし、練習台というわけじゃなく、本当に最後まで誠意を尽くして
お別れをしましょう。

彼と別れて2ヶ月

彼と別れて2ヶ月がたちました。別れた直後は悲しかったし、何もする気もしませんでしたがもう2ヶ月もたってしまうと、不思議となんとも思わなくなってしまいました。そんな時に彼から連絡がきました。

久ぶりの彼のメールに少し驚きましたが、その内容が、「好きな人ができた」というもの。何なんだ?わざわざそんな事を私に知らせてどうしようというのでしょうか。
全く彼が考えていることがわかりませんでした。私にいちいち知らせてくる必要があるのか
どうか・・・私だってなんて彼にメールを返せばいいのかわかりません。「良かったね」
なんてするのも、なんかしゃくにさわるし、そっけないメールを送っても、焼かれている
と思われても気分が悪いし。

でも結局「そっか」とだけメールをしておきました。そしたら彼が「その好きな人は私なんだといいました」何がなんだかよく分からず・・・彼が何を考えてるのか、何で今更また彼と・・・もう私はなんともおもっていないことを彼に伝えました。

それから私のところに返事はきませんでした。彼ってこんな感じのやつだっけ?と思いました。彼のほうから、別れを切り出してきて、まだ私の事を好きになったとよくいえたものだと、あとでふと考えていたら笑ってしまいました。

でも私も捨てたものでもないんだなと思いました。それにしても、なんとく惜しい感じもしましたが、なんて(笑)そんな過去のことを思っていてもしかたありません。

もっと前向きに新しい出会いをしていかないと。

態度は見られてる

彼の前では「イイコ」でいるけれど、女同士だと態度がまるで違う・・・そんな人っていませんか?(笑)

そんな女性を揶揄する人もいますが、私は見ていて実に面白いと失礼ながら思ってしまうんです。
それだけ自分をプロデュースできる力があるってある意味凄いと思うんです。

ただ、プロデュースをするなら徹底しないと・・・というお話です。

私の周りにもそんな「態度が変わる」女性が居ました。
男性の前と女性の前ではまるで人が入れ替わったかのようになるんです。
私たちはそんな彼女にたいして「慣れていた」部分もありますし「それも個性」と思っていたので特に気にする事はありませんでした。

そんなある日。
彼女を含めた女性数人でレストランで食事をしながら話をしていました。
その時、店員さんの態度が悪かったらしく、彼女が突然「切れた」んです(汗)

「そこまで怒らなくても」と制止をしてみるも、男言葉で店員さんをまくし立てる彼女。
・・・もう手のつけようがありません(苦笑)

そんな時、タイミング悪くたまたま近くの席に彼女が気になる男性とその友達がいたんです。
あまりに態度が違うその姿をみて固まっていた男性。

慌てて彼女に言うと、サッと態度を変えました。
しかし時、すでに遅しでした・・・。

すごく稀なケースではありましたが、他人への態度って合コンなどでも男性は見ているものなのかもしれません。
日ごろからの態度は気をつけないといけませんね。

女性をリードしてあげましょう

メールで知り合い、メールのみで交流しているわけですから、そのやり取りは会う直前まで続くでしょう。
では、出会いの約束など、会う直前はどんなメールをすればいいのか。
考えると、少し緊張しますね。
でも、難しく考えることはありません。
男性なら、どーんと構えて女性をリードしてあげましょう。
ただ、リードといっても、気合が入りすぎても空回り。
やっぱり緊張しますからね。
あまり長く書くと、印象はよくありません。
簡潔に、さわやかにを心がけましょう。
待ち合わせの場所や時間、自分の特徴や待ち合わせの目印の確認くらいで、あとは「楽しみにしています」でいいでしょう。
女性の方は、一歩下がって軽くやり取りするぐらいの気持ちで大丈夫です。
そして、男女ともにあまりネガティブな発言は控えましょう。
特に外見に自信の無い方は、「俺、背低いし……」とか「私可愛くないから……」など前もって言っておきたくなる気持ちもわかります。
でも、そういった発言は相手も対応に困りますし、テンションも下がります。
もしかしたら相手の好みかもしれませんし、そこは会ってみてからお楽しみですね。
また、初めて会うわけですから、それはこれからもお付き合いするかどうかの面接のようなものでしょう。
しかし会社面接でも、緊張してあれこれ考えすぎても結局上手くはいきません。
先述しましたが、どんと構えましょう。
楽しむぐらいの気持ちで、フラットに考えればいいのです。
面接までは思わなくても、ちょっとした軽いノリのお見合い、みたいなものですね。
さて、メールでどんなに仲良くなれても、いざ会ってみると思っていた印象と違って上手くいかなかったり、逆にメールではあまり話せなくても実際会ってみたら意気投合してしまったり、会ってみなきゃわからないのです。
実際に顔を合わすのが本番なのですから。
もしその人と合わないのなら、切り替えが大事です。
次に行かなければ、前には進めません。
しかし、出会いたいという気持ちはお互い同じ。
きっといつか素敵な相手に出会えます。
とにかく緊張しないこと、あまり考えすぎないことですね。

関係を終わらせてしまうのはもったいない

なぜ相手の態度が変わってしまったのか。その原因が発覚した。その原因は全てあなたが悪い、という自体になってしまった想定してみて下さい。

このとき、あなたは次にどういう行動へと移るでしょうか。「自分が悪いし、もう面倒だからいいや」こんな諦めで、今まで築いてきた関係を自分から壊してしまっては、あまりにも勿体ないですし、次に繋がるとは思えません。

関係を終わらせてしまうのは、簡単な事です。しかし、関係を修復できた時の方が、気分も良いでしょう。もし関係が修復できなかったとしても、その経験は、今後のあなたに良い経験として積み重ねられる事でしょう。原因追及は、決して無駄な事ではないのです。

もしこうした原因追及を怠り、一番簡単な、諦めてしまう行為に向かってしまうと、次も同じ様な展開になったり、全く今までの経験を生かせなかったりしてしまいます。

しかし、その時はダメになってしまっても、ちゃんと原因を追及してきた人は、次の機会にとても良い働きをしてくれます。自分の欠点や短所を理解する事ができますし、その欠点を補う改善ができるようになるのです。

人間は完璧ではありません。それは誰もが理解している事だと思います。しかし実際に、自分のどこに欠点があるのかは、わかりにくいものです。相手から指摘されなければ気付かない事もあるでしょう。しかし誰もがあなたの欠点を指摘してくれるものではありません。

原因追及は、自分の欠点を探し当てて、それを改善することに意味があるのです。欠点を直すと、今までの自分よりも、更に魅力的な自分に変わる事ができるのです。

プライドが高い人は、自分の欠点を探さない、もしくは全く無いと思い込んでいるでしょう。しかし、やはり欠点は誰にでもあるものです。余計なプライドが邪魔して、良い出会いが行われなければ、結果的に自分だけが損をする事になってしまいます。無駄なプライドは捨ててしまい、自分の欠点を探す努力をしていきましょう。

あなたのスキルアップは、こうした自分の欠点を探すことで積み重ねられていくものなのです。

今までは修復不可能な自体でも、自分のスキルを上げることで、修復可能に変えていく事だってできるようになるかもしれません。不可能だったものが、可能になる時、とても高い達成感を味わう事ができるでしょう。

ヤレルアプリで既婚女性をターゲットに

ヤレルアプリなどで既婚女性をターゲットに絞ってプロフィールを記入する場合は、ある程度、自分のタイプを書き込むことがポイントだと言えます。
仮に相手がプロフィールに興味を示しても、自分は好みのタイプでないかもしれないと連絡がこなかったらもったいないですよね。あとタイプを限定することにより、自分も当てはまるとメールを送ってくれる可能性が高くなります。

しかし、具体的すぎるのはNGです。
年齢などを特定し過ぎた場合、20代後半~30代の既婚女性限定
などと書くとメールをもらえる機会を逃すことになりかねません。
有効な書き方としては、童顔の人がタイプです、もしくはキレイなお姉さんが好きとか大まかに書き込みましょう。

童顔という表現だと、20代の既婚女性でも、年齢はいっていても、童顔の女性でも自分のことだと思うでしょう。
キレイなお姉さんというと大人っぽい年下女性も範囲に入りますし、言葉のまま、年上の既婚女性もプロフィールをみて連絡をくれるかもしれません。

それと、既婚女性は、優しい男性を好みます。
だから寛容な言動で好みのタイプを書くように心がけましょう。

既婚女性と知り合いたいのなら、既婚女性を気持ちよくさせることが重要です。プロフィール上でも、自分が求められているかのように錯覚させると、既婚女性もいい気分でメールの返信をしてくれるでしょう。

返信が貰えたら、実際のデートにこぎ着けるまでさほど難しいことではありません。既婚女性は時間をかけて相手を探したいと思って言えるわけではないのです。人目を惹くプロフィールを作成することで、素敵な既婚女性との出会いにつなげて下さい。

チャンスというのは日常生活に

友達が欲しいけど、社会人になってしまうと、学生の頃のように友達になれるような人と出会いう機会がない、という人がたくさんいます。
確かに、学生の頃はクラスメート=友達という感覚ですぐに仲良くなれましたが、職場ではあくまで「仕事のための同僚」という感覚が先に来ますし、年代も様々ですから、中々友達と呼べるような人間関係を作りづらい……はあるでしょう。

そんな社会人でも、考え方を少し変えれば、実は友達を作る方法はいくつもあるのです。

まずは前述の職場での同僚、または仕事上で付き合いのある人の中から友人になれる人を探す場合。
ねらい目は、やはり同年代の人です。年齢があまり上だったり下だったりすると、友人という対等な関係は中々築きづらいものです。
親しくなるきっかけを作るには、仕事の休憩時間中などがいいでしょう。仕事の話題だけでなく、プライベートの趣味などについてもいろいろ話すことができれば、友人としての関係を作るのもそれほど難しくありません。

やはり、こうした「仕事を共にしている」友人がいると、実際のところ何かと助けになりますし、同僚なら休日や出退社の時間などが同じ場合も多いですから、仕事外に一緒に遊ぶにしても時間を合わせやすいですね。
また、違う職種で働く時間や生活している時間が異なる相手でも、どこかで会話する時間さえ合わせることができれば、十分に友達になれる可能性はあります。

職場に限らず、実は友達ができるチャンスというのは日常生活の様々なところに転がっているものです。
たとえば、ご近所づきあいなどもそうですね。都市部ではご近所づきあいも疎遠になりがちな現代ですが、近所で行われている行事や町内会の活動などに積極的に参加してみると、その中に同世代の人がいて、親しくなったということもよくあります。
また、スポーツクラブなどを利用してみるのもいい方法でしょう。通っているうちに、親しく話す人ができる可能性は十分にあります。
要は、仕事でも地域活動でも趣味でも、どこかに相手との接点があれば、チャンスは十分にあるのです。
あとは無駄に身構えずに、気軽に相手に話しかけられるかどうかですね。

人との出会いの機会がなくて、ネットにそれを求める人も多いですが、ネット越しではなく、直接相手と会って付き合う友人関係というのは、やはり楽しいものです。
もちろん、ネットも出会いのきっかけとしてはとても有効な手段ですから、ネットもリアルも含めて、いい出会いを探していけたらいいですね。